小児矯正歯科

根本的な原因にアプローチした矯正治療で、歯並びから、より大切な身体の健康を目指します。

石田歯科医院では、顎顔面口腔育成の研究を取り入れた矯正治療を行っています。

顎の骨格の正しい発達を促すことで、様々な身体の問題の解決を図りながら、
自然な歯並びへと導きます。
お子様の全身の健康を考えた矯正治療なら、当院にお任せください。

お子様の以下のような症状でお悩みではありませんか?

  • 鼻炎・喘息を持っている
  • いつも口が開いている
  • 寝ているときに呼吸が止まることがある
  • こどもなのにいびきをかく
  • 姿勢が悪い
  • 笑ったときに上の歯ぐきが見える
  • 乳歯列なのに歯に隙間がない
  • 乳歯列なのに歯並びがガタガタになっている
  • 前歯の間にだけ虫歯がある
  • 受け口になっている

このようなお子様は、顎の成長発育に問題があるかもしれません。石田歯科医院の矯正歯科治療で正しい顎の成長発育を促せば、歯並びと共に上記の症状の改善を目指し、健康な身体へと導きます。

顎の正しい発育を促すことで、全身の健康につながる、矯正治療を行います。

石田歯科医院では、歯並びの改善のみを目的とした歯列矯正を行っていません。また、1本1本の歯が持っている大切な役割を守るためにも、抜歯をして歯並びを整えることもありません。

なぜ歯並びが悪くなっているのか、なぜ今後歯並びが悪くなる可能性があるのかを考えた治療で、お子様が抱えている問題を解決へと導きます。そのために、当院では顎顔面口腔育成の研究を踏まえた、矯正歯科治療を取り入れているのです。

なぜ、矯正治療は歯並びを直すだけじゃだめなの?
見た目も健康状態も良くするには、根本的な原因の改善が望ましいのです。

成長期に歯並びが悪くなったり不正咬合になったりする原因は、顎の成長発育不良であることがほとんどです。上顎が順調に発育しないと、下顎も成長することができなくなってしまいます。その結果、歯並びが悪くなり、かみ合わせもずれてしまうようになります。

そこから、受け口、出っ歯、歯ぐきが出る、姿勢の悪さ、鼻炎など、ほかの身体のお悩みへとつながってしまうのです。したがって、矯正歯科治療に求められているのは、ただ歯並びを綺麗にするだけでなく、顔や頭蓋の正しい成長を誘導する治療なのです。

また、歯並びが悪いと、虫歯や歯周病になるリスクが格段に上がります。さらに、自分の歯でかめなくなってしまうと、将来認知症を患う可能性も高くなってしまいます。お子様が大人になった後のことも踏まえると、早い段階から矯正治療を行うことは決して損にはなりません。

お子様の将来を考えれば、全身の健康にもつながるように、成長発育期に行う矯正歯科治療の方が望ましいというのが当院の考えです。
地域でも数少ない、顎顔面口腔育成の考え方・フェイシャルオーソトロピクスを取り入れた矯正治療。歯並びやそのほかのお口周りにお悩みがあれば、ぜひ石田歯科医院までご相談ください。

↑このページのトップへ

これまでと違う概念の治療法で、より広い範囲の問題改善を目指します。
バイオブロック療法
当院では、イギリスのジョン・ミューによって提唱されたフェイシャルオーソトロピクスの概念に基づき、バイオブロック療法を行っています。気道や舌、筋肉など歯並びが悪くなった原因にアプローチすることで、成長発育時期のお子様の頭蓋顎顔面口腔咽頭領域の正しい成長をお手伝いします。

治療例

  • 初診
    8歳の男の子です。
    笑ったときに歯茎が見える、常に口が開いている、頭が上を向いている、歯並びが悪くなっていることなどをご相談に来られました。診察でお口の状態を見せていただき、バイオブロック矯正を開始することにしました。
  • 矢印
  • 一年後
    治療開始1年後、頭の傾きがほぼ良くなり、口を自然に閉じておけるようになりました。上顎を生理的な方向へと誘導しているため、骨のひずみが取れてきており、すべての永久歯が出てきても十分なスペースができております。
  • 矢印
  • 二年後
    治療開始2年後の様子です。初診時に仰っていた諸症状はほぼなくなったため、経過観察中です。治療前と比べると、頭の位置が真っ直ぐになり、姿勢も良くなっていることがわかります。あとは、永久歯のかみ合わせを確認していくだけです。

治療例

  • 術前イメージ
  • 矢印
  • 術後イメージ

気道が狭かったお子様。体育の授業では、運動をすると息苦しくなってしまうため、保健室で休むことが多かったそうです。矯正歯科治療を受けることで気道が広がり、呼吸をしやすくなりました。このように、石田歯科医院の矯正歯科治療は、お口の中の歯並びだけを見るのではなく、顎や口腔などの領域に及ぶ問題解決が目的であり、「全身の健康につながる矯正治療」を目指しています。

RAMPA
RAMPA(Right Angle Maxillary Protraction System)システムとは、日本人の骨格に合わせた治療方法のことです。一般的な矯正治療のように、並びが悪い歯にワイヤを装着して、力をかけて歯を動かすことはありません。骨格の成長を正しい方向へ牽引するシステムです。歯並びが悪くなっている原因を探り、その解決を目指しましょう。

治療例

  • 術前イメージ
    他院にて、受け口のため矯正するのなら下の歯を2本抜歯する必要があると診断され、当院にお越しくださいました。喘息症状があるとのことで、RAMPA治療を開始しました。
  • 矢印
  • RAMPA治療中イメージ
    RAMPA治療では、このような顎外装置を使用します。 頭蓋顎顔面に生じている歪みを取り除き、本来あるべき正しい位置に誘導する装置です。
  • 矢印
  • 術後イメージ
    RAMPA治療では、上顎骨の前方成長を促すようにしました。その結果、受け口を改善へと導くことができ、喘息の症状も軽くなったそうです。

治療例

  • 術前イメージ
    受け口のお悩みを改善されたいとのことで、ご来院くださいました。顎の骨格を正しい成長に導くために、RAMPA治療を開始。受け口の改善を目指します。
  • 矢印
  • RAMPA治療中イメージ
    RAMPA治療で用いる装置は、フェイスマスクとバンド、口腔内装置、ワイヤーなどで作られています。お子様の状態や治療の進行に合わせて、この装置を調整します。
  • 矢印
  • 術後イメージ
    RAMPA治療を施すことで、受け口が改善へと向かいました。また、呼吸の関係で頭が常に上向きだったのが、少しずつ真っ直ぐになってきております。不正咬合の原因である、顔面の下方成長をRAMPA治療により前方へ誘導し、顔面高も短くなっております。
診療内容
一般歯科(予防歯科)
小児歯科
小児矯正歯科
歯周病治療
マタニティケア
審美歯科・ホワイトニング
かみ合わせ
インプラント
石田歯科医院24時間診療予約
石田歯科医院のこだわり
地域密着・駐車場11台完備・安心の天然木使用
詳しくはコチラ→
  • 医院について
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • 院長ごあいさつ
  • 石田歯科医院 Official Blog
このページのトップへ