審美歯科・ホワイトニング

  • 審美歯科
  • ホワイトニング
白くてキレイな歯で、もっと魅力的な笑顔に。患者様に合わせた方法で、自然な美しさを取り戻します。

キレイな歯並びと白い歯に、誰もが憧れるでしょう。

口元はその人の印象を大きく左右します。
ヤニや茶渋で黄ばんだ歯、銀歯、歯並びが気になる方はぜひご相談ください。
石田歯科医院が理想の歯へと導きます。

石田歯科医院の審美歯科

「もともとの歯みたい」ー天然の歯に近い、自然な美しさを追求しています。

石田歯科医院の審美歯科治療では、その人に合った自然な美しさを持つ歯にすることを心掛けています。

審美歯科治療のそれぞれの長所と短所を踏まえ、患者様のご希望に最も近い方法で歯を美しくします。親身になって対応いたしますので、お口元の美のお悩みをぜひお聞かせください。

オールセラミックス

オールセラミックスとは、金属を全く使っていない人工の歯です。一般的に、白い差し歯や被せものの歯でも内側は金属です。内側が金属だと光を透過しないので、十分な透明感を得られにくい場合があります。

その点、オールセラミックスは、自然な透明感を演出することができます。また、金属を一切使わないため、金属アレルギーの方も安心です。お口の中の歯肉とのなじみも良く吸水性もないため、被せもの周辺の歯肉の健康も維持できます。

現在の歯科材料で審美的欲求を満たす最適な材質ですので、一部分の詰めもの(インレー)から被せもの(クラウン)まで、お口の中の人工物をオールセラミックスに替える方が急増しています。

症例1

症例1 術前
「歯をキレイにしたい」とご来院されました。お口の中を診察した結果、詰めものや被せものが不適合だと判断。顎の全面的な治療を開始しました。
症例1 術後
治療開始7か月後の様子です。すべての歯をオールセラミックスクラウンにて修復しました。人工の歯であっても透明感があるので、自然で美しい歯になっています。

症例2

症例2 術前
前歯2本の色の不調和を改善されたいとのことでご来院くださいました。確かに、他の歯と比べると、前歯の色が少し不自然な印象を受けます。
症例2 術後
オールセラミックスクラウン(被せもの)で修復しました。前歯2本だけを変えましたが、自然な美しさがあるので、他の歯と比べても遜色がありません。
メタルボンドセラミックス

金属の土台にセラミックを焼き付けた被せものです。すべてのケースに対応できる被せもので、通常のセラミックはこの被せものとなります。前歯から奥歯まですべてに使用できます。

ほかの歯とも適合しやすいため、虫歯になりにくく、安定したかみ合わせを得られるのが長所です。また、変色しにくい点も特徴です。ただ、メタルボンドセラミックスは金属を使用するため、土台の色が見えてくる場合があります。

ハイブリッドセラミックス

ハイブリッドセラミックスは、セラミックス微粒子と、それらをつなぐ微量のプラスチックが混ぜられた新しい歯科治療用材料です。セラミックより粘りがあり、割れにくいため、奥歯の詰めもの(インレー)として最適です。金属と違って歯の色を自由に調整できるので、天然歯と同じような自然な仕上がりが期待できます。

ラミネートベニア

歯の表面の一部に変色がある場合、軽度変色の0.5mmほどを削って薄いセラミックのシェルを貼り付ける方法のことです。歯ぐきにもやさしく、磨耗や変色の心配もありません。ただ、歯にとってダメージは少ないものの、剥がれる危険性があります。また、歯を削らなければなりません。歯の大きさや向きを少しなら修正できても、大幅に変更することはできません。

スーパーエナメル

スーパーエナメルは、0.1mmからある薄いセラミックスを歯の表面に張り付ける審美歯科治療です。この治療法の最大のメリットは、歯を削らずに理想の白い歯にすることができることです。誰もが健康な歯は削りたくないものでしょう。

しかし、色の悪い歯を白くするには、歯を削って被せものをする方法がほとんどです。その点、スーパーエナメルは、歯を綺麗にするのに生じるデメリットを回避できる最良の方法です。また、スーパーエナメルは確かな品質を保つために、シリアルナンバーで管理されています。

すきっ歯や着色した歯、欠けた歯、薄くなった歯、形がいびつになった歯、詰めもので汚くなってしまった歯などに、最適な治療方法です。当院は、日本でも数少ないスーパーエナメル認定歯科医院です。

↑このページのトップへ

石田歯科医院のホワイトニング

歯に優しいホワイトニングで、自然な美しい白い歯に。

石田歯科医院では、歯質を傷めやすく、知覚過敏になりやすい従来のホワイトニングとは異なる方法・ポリリン3Dホワイトニングシステムを取り入れています。

知覚過敏による痛みが出にくく、着色のしにくい、透明感があるホワイトニングで、患者様の歯を白く美しい歯へと導きます。

ポリリン3Dホワイトニングシステム

ポリリン3Dホワイトニングシステムとは、ポリリン酸という成分を使ったホワイトニングの施術方法です。このポリリン酸は、あらゆる生物の体の中にある成分のため、安全な材料です。

このポリリン酸を使って歯の汚れを落とし、コーティング(ステインや歯石の沈着防止)します。ポリリン3Dホワイトニングシステムであれば、無駄に歯を傷つけることなく、輝く白い歯を手に入れることができます。

1,3倍のステイン(色素)除去効果
歯のエナメル質は、ハイドロキシアパタイトという結晶から成り立っています。アパタイト粉末を用いた実験では、従来のホワイトニング剤の3倍のステイン除去効果が見られました。そのため、ポリリン3Dホワイトニングシステムは、より白い歯を手に入れられると注目されているのです。
2,傷みが出にくい
従来のホワイトニング剤は、色素を分解すると同時に歯から水分が抜け出るため、痛みを伴うことがありました。ポリリン3Dホワイトニングシステムは、脱水状態となった歯に浸透性・吸着性の強いポリリンが吸着するので、痛みが出にくいのです。
3,冷たいものなどがしみにくい
ポリリンは歯のカルシウムと結びつき、ポリリン酸カルシウムという柔らかい物質となります。そして、歯の表面の傷を埋め、やがて硬いリン酸カルシウムの結晶となります。そうして歯の表面を強化するため、冷たいものを飲んだり食べたりしてもしみにくいのです。施術直後はしみることがありますが、徐々にしみなくなってきます。
4,術後の着色が起こりにくい
従来のホワイトニング剤では、歯から水分が抜け出ます。失われた水分は24時間以内に歯に戻るため、その間はコーヒー・紅茶・チョコ・タバコなど、着色するものの飲食・喫煙は禁止されます。その点、ポリリン3Dホワイトニングシステムは着色しづらく、当日から着色するものの飲食・喫煙が可能です。ただ、できれば避けていただく方が、美しさを保つことができます。
5,透明感のある白い歯になる。
従来のホワイトニング剤では、過酸化水素水の活性酸素によって色素を分解し、また脱水によって歯が白濁することで、歯を白くしていました。ポリリン3Dホワイトニングシステムなら、ポリリン酸コーティングにより歯の表面がガラス化されるので、透明感のある白い歯になります。
6,歯質を強化する可能性がある
ポリリン酸ナトリウムは、歯をコーティングして強化するだけでなく、単独でも抗菌性がある物質です。歯質を強くできるため、歯周病の治療にも効果があると期待されています。また、虫歯菌に対する抗菌効果も、研究によって明らかになっています。
従来のホワイトニングについて

従来のホワイトニングでは、ホワイトニング剤(ペルオキサイド)を歯の表面に塗り、ハロゲンライトやレーザー、プラズマライトなどを照射します。この方法で歯の中にある色素を分解し、歯の明るさを上げていきます。

強力な漂白剤を使って、色の付いた洗濯物を漂白するような仕組みです。歯の表面に付着した色素を落として白くするのではありません。

ホワイトニングの欠点

ホワイトニングは、歯を漂白する薬剤の影響で、漂白効果に個人差があったり、知覚過敏などの痛みが出たりする可能性があります。術後は、できるだけ着色性の強い食べものやコーヒーなどの飲みものなどを摂取しないようにしなければなりません。

さらに、定期的なメンテナンスも必要です。一度のホワイトニングで、一生白い歯は持続しません。そのため、ホワイトニングの効果を長続きさせるのは、簡単ではないのです。

これらの欠点を少しでも補う最適なホワイトニング法が、ポリリン3Dホワイトニングです。

診療内容
一般歯科(予防歯科)
小児歯科
小児矯正歯科
歯周病治療
マタニティケア
審美歯科・ホワイトニング
かみ合わせ
インプラント
石田歯科医院24時間診療予約
石田歯科医院のこだわり
地域密着・駐車場11台完備・安心の天然木使用
詳しくはコチラ→
  • 医院について
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • 院長ごあいさつ
  • 石田歯科医院 Official Blog
このページのトップへ